読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akimof の日記

酔いどれアキモフは、電気羊の夢を見るか?

自分で言うのもなんだけど、4、5年前のブログから今まで、面白いよ(笑)。読んでね。

40年近く前に「同人誌、ミニコミ」ブームのようなものがあった。大学生の頃の話なんだけどさ。

その頃、文学・小説のサークルに所属していた。それと別に、自分では平行して、友人達と批評雑誌を創刊しようと動いていた。要するに自分たちの発言メディアを作りたかったわけ。

今考えると笑っちゃうけど、アルバイトしながら、編集・印刷代金をみんなで捻出していたんだよね。今いる連れも、その頃から、自分たちのメディアを持とうと努力していた。全く別なビジョンの雑誌を作ろうとしていた。まあなんとか数冊出しました。

今の大学生は、インターネットがあるから、動き方が違うだろうな。僕らの時代は、とにかく<紙に書いて、紙に印刷して、紙を製本して>という時代だから、めんどくさい上にお金がかかっていた。

そういったメンバーや仲間たちとは、卒業してから以降、就職や結婚やら出産やら死別やらで40年近く人生を別々に生きてきた。

つくづく思う。この40年前の仲間たちで、現在も、ブログやSNSなどを含むインターネットに、「表現」するという行動をやっている人が少ないということ。人生の疲労や、PCやネットに対する懐疑という側面もあるだろうけれど、海の物とも山の物ともつかない空間に言葉を連ねることが、落ち着かないという気分もあるのかも。

ただ、自分の事を、どうでも良いネタでも、どこかに表現したくてしょうがなかった若い頃の衝動は、無くなってしまうという事なんだろうね。

 

かつてそういう同人誌やミニコミを作ろうと思って、バイトしてまでお金を捻出したのなら、本当は今こそ「しゃべれる時代」なんだから、どんどんやって欲しいよね。