akimof の日記

酔いどれアキモフは、電気羊の夢を見るか?

殿、ご乱心。細川護煕さんがでる都知事選挙ってAKB総選挙?

細川護煕氏が都知事選にでるという。なんだろう、この不思議な感じは?

猪瀬さんが徳州会から不明な5千万円を貰ったということで、都知事を辞任することになり、都知事選が行われることになった。その都知事に立候補する細川さんは、かつて佐川急便から不明な一億円を貰って総理大臣を辞めた人だ。ほとんど同じような献金・不明金問題で首長を辞めた。もしも都民が細川さんを当選させるようなことがあれば、なんのことはない、金額が倍、もしくは20年前くらいの価値でいえば3倍くらいかもしれない収賄を行った人を、新たに選び直すという愚挙を行うことになる。

確かにその佐川急便事件の頃に生まれた人たちが選挙権を得ることになるわけだから、大昔の話だから時効だという考えもあるだろう。さらに、人生にセカンド・チャンスがあっていいじゃないかという人もいるだろう。それでもなんだかしっくりこないのは、猪瀬さんが可哀想だとか細川さんが嫌いだとかそういう思いではなく、同じようなことをしでかしてしまった人に対する処遇が違いすぎるということによるものか。

さらに細川さんの始末の悪いことには、反原発、再稼働というシングルイシューで戦おうとしている点だ。福島と新潟の原発から電力を貰っている東京が、そこの自治体を無視して反原発を叫ぶことが果たして論理的なのか。ましてや、オリンピックを控えて様々な施策をしていくに当たり多くのエネルギーを必要とするはずのところ、火力発電用の燃料で貿易赤字を増やし、節電で首都を麻痺させていく選択を都民に強いる覚悟があるのかどうか。

原発問題は、地方自治体のひとつである東京都知事がメインで主張する問題ではないと思う。東京都がやらなければいけない問題は、経済や、教育・福祉のインフラ、交通やライフラインなどの物理的なインフラ、そして地震などの災害に強い街づくりとか、そういったものではないのか。どう考えても、集票のために原発問題を利用しているだけにしか見えないし、さらに小泉元首相まで一緒になるにいたっては、政策がどうのこうのという話ではなく、まるでAKB総選挙と変わらない人気投票のようなものになっている。

目を覚ませ、と偉ぶる気持ちは全くないけれど、みんな自分の心に生まれた違和感に対してはもっともっと敏感になろうよ。