読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akimof の日記

酔いどれアキモフは、電気羊の夢を見るか?

50歳半ばでハローワークに通うこと

 

50代半ばでハローワークへ行った。保険の手続きと、仕事を探しに。僕の世代だとハローワークではなく、「職安」という呼び名がしっくりくるけど(笑)。30年くらい前に一度、転職した時に「職安」を利用したことがあって、記憶は定かではないけれど、確か保険の手続きをしただけだった。

 

昨年、仕事を辞めてから、退職の一時金や保険でブラブラ(?)しながら仕事探しを始めた。前職の人間関係や紹介で仕事をやることもできたけれど、そういった甘えが好きじゃなかったことや、生活や環境をガラッと変えたかった事もあり、完全に前の職場から切れることを選択した。辞めたあとで会社の関係者周辺をウロウロしている人たちを見ても、なんだか侘しいなと感じていたこともあって。

 

そんなわけで人生でほぼ初めての「ハローワーク」通い。そして、勧められるままに人材銀行などへの登録。いくつかのインターネットの就職サイトへの登録。やった、やった。

 

でもこれ、再就職に対するこだわりとかプライドを持った人が利用すると、全く上手くいきません。ハローワークや人材銀行などで職員ともめている人たちの話を聞いても、結局のところ前職の年収、地位、仕事のあり方にこだわる人ほど、職を見つけることができないでいるようだ。

 

僕の希望は「職住近接」が中心だった。一時間以上も満員電車に揺られて会社に行く暮らしは、さまざまな意味で人生を疲弊させていた。30年もやれただけでも、自分を褒めたい気がしていた。そんなこともあって、結局のところ再就職にあたっては、自分の家からそう遠くないところを希望していた。職種は特に構わなかった。

 

妻は、前職のスキルを活かした方がいいとか、いままでの成果を持ち帰ることを望んでいたけれど、そんなものは何ひとつ活きないことを知っていた。(現に保存しろと言っていた作品や成果を、その妻自身がいちいち確認したりすることもない。つまり、それだけ重要性がないものということ)

 

結局のところ、ハローワークやインターネットの就職サイトは参考にならず、現実に役にたったのは、近接したエリアを紹介するリクルート系の情報や、区報・市報のたぐいに掲載されている求職情報だった。「職住近接」を中心に考えるとそこがキモ。

 

50代半ばからの再就職は、何かが明確になっている必要がある。前職が云々ということをいう人であるならば、その職を辞めないでしがみつくにつきる。しかし、自分の意図せずして辞めてしまうことになった人に言えることがあるとしたら、それはただひとつ。「こだわりを捨てなさい」ということ。自分がやってきたことは大したことじゃないと思うことにつきる。

 

そこそこ有名な大学を出て、それなりの仕事と地位を得て、まあまあの年収を貰っていた。そんな自分が、再就職にあたって、ある納得の仕事をできているのは、ひとえに「こだわり」がなかったということに尽きると思っている。ガテン系、役職なし、年収5分の1になったところで気にせず生きていける精神を持っていること。自己評価を低く設定するのではなく、生活の糧を稼ぐところに変な自己評価を付けないことが重要だと思っている。

 

あまり役にたたない話だけど、50台のおじさんには、頑張って欲しいものだ(笑)。