読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akimof の日記

酔いどれアキモフは、電気羊の夢を見るか?

生々流転

30年弱にわたって勤務した会社を辞めることになった。晴れ晴れとした気持ちになるのか、名残惜しい気持ちになるのか、自分でもわからなかったけれど、なんとなく「さわやか」と「どんより」が半々くらいの感じだ。

大企業でも有名企業でもないが、それなりに業績に貢献し、後年は役員として迎えられもしたけれど、これからはもうそのような立場を生かしたコミュニケーションがとれるわけでもない。ある組織に所属しているということが、日常生活でいかに大きいかということを感じる日々がくる。

また違う組織に属するかもしれないし、そのまま単独の名前のまま生きていくことになるやもしれない。50年以上生きていても、なんだか日本という国においては、組織から外れると、あやうい存在になってしまうことを実感している。

ブログの更新が開いてしまったのは、そんなリセットの季節を迎えているからでした。