読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akimof の日記

酔いどれアキモフは、電気羊の夢を見るか?

自分で言うのもなんだけど、4、5年前のブログから今まで、面白いよ(笑)。読んでね。

40年近く前に「同人誌、ミニコミ」ブームのようなものがあった。大学生の頃の話なんだけどさ。 その頃、文学・小説のサークルに所属していた。それと別に、自分では平行して、友人達と批評雑誌を創刊しようと動いていた。要するに自分たちの発言メディアを作…

半年ぶりにブログ更新。(笑)

ジョン・レノンが亡くなった話を、昨年2015年の12月に書いたすぐ後で、仕事場で大腿骨頚部骨折の大事故に。緊急入院、手術となりました。もうちょっと年齢がいっていたら「車椅子になりましたね」と先生に告げられた。 今年の3月に仕事に復帰。いまは2ヶ月…

ジョンが死んで35年、あれこれ仕事の雑感。

大学生の頃だ、ジョンが死んだのは。 その頃、友人たちと大騒ぎして、大学近くのたまり場で飲んだくれた覚えがある。あれから35年…。 10年間のビートルズ時代、10年間のジョン&ヨーコを経て、わずか40歳で殺されるという人生って、どういうもんだろう? 確…

自分探しでもない、他人見つけでもない、ネット社会は?

はてなブログのなんたるかは知らないし、Twitterをやる意味合いもよくわからない60歳前の世代なんだ。ホントに、何処に向けて話しているのか、誰に向けてしゃべっているのか、何かの役にたっているのか、誰かの助けになっているのか、それともそんな一切の関…

問題は、いろいろじゃん。

とにかく人は、問題を立てる、疑問を作る。 なにやら不安な人生を抱えて、人々は何らかのクエスチョンを頭に浮かべながら過ごしている。 昨日、連れと居酒屋で議論した話なんだ、実は。安い場末の、もつ焼きの店で話す内容じゃないけどさ(笑) どうしてだろ…

自分の親って、凄いんだぜ! って思わないか。

父も祖父も、60代で亡くなった。自分もそろそろなのかな~なんて思う。そういうことを口にすると妻に怒られるけど(笑)。 まあ、それはともかく。父は趣味でいろいろな事をやっていた。祖父が大工さんだったことから、父自身は職を継がないまでも、工作その…

介護の現場は、社会問題になるほどの「何か」が起きている。

介護の現場は、実は社会問題になるほどの事が起きている・・・、というタイトルだけどね。連続して老人が飛び降り自殺しているという案件とか、障がい者を虐待する福祉作業所の映像とか、日本中の福祉施設の運営がうまくいっていなくて、倒産の憂き目にあっ…

夫婦ネットワーク

60歳前の夫婦としては、まあまあ電脳化していると思っているんだ。 パソコンも数台使いつぶし、iPhone、iPad、appleTVは初代から購入し、パソコン通信、mixi、Twitter、Facebookなども初期から参入、huluも話題のnetflixもサービス開始から加入してきた。家…

魂の重さ

年を取ってくると、考える事のひとつに、「魂の重さ」というネタがある。自分を中心に据え、「この人は、僕よりも<絶対的に>重要な人物だな、長生きして、何かを伝えたり残していって欲しいな…。」なんてことを、ぼんやり思ったりするかと思えば、逆に「さ…

いろいろ書きたいことはあるけど…。

なかなかブログの更新ができない。多くの方々に読みにきていただいて、ありがとうございます。僕のいる施設が民間企業に買収されて、旧体制と新体制のスタッフの軋轢など、面白い書きたい内容はいっぱいあるんだけどね~。日々、大変なオペレーションが続い…

熟年離婚について考えた

「あなたは私のことを、何もわかっていない」「私に関心がない証拠だ」「あなたの態度や言葉でイライラする」と、連れにはいつも言われ続けてきた。昨晩も、呑みにいった帰り道、激しい感情をぶつけられた。 これだけのことを言われ続けながら、30年間以上も…

自閉症といっても、ひとつ個性に収まるわけではない!

4月から新しい企業が乗り込んできて、われわれの施設を受託運営することになった。移行期間は3ヶ月。50人を越える利用者さんと家族の不安を乗せて、船はまた別な海に漕ぎだした。 もともとが自治体運営だったり、公的な組合などが運営していることも多い福祉…

男の更年期。

なんだろう、最近はなんだか苦しいな。 ふと胸がザワザワするとか、急に締めつけられることが増えている。ぼんやりとした不安に駆られる…。 家人にも指摘され続けていることがある。それは、「あなたの記憶が曖昧」になっているとか、「認知障害が起きている…

あいつアスペだ、って気軽に使うけど。

日記どころか月記なんだけど、という自分ツッコミは置いておいて…。とりあえず、のんびりと2015年もブログを更新します。 アスペルガー症候群という人たちの状態が、今ひとつ理解できない。前にも書いたウィリアムズ症候群というのは、実際に接してみて何と…

光が丘の高層団地は、日本の何を象徴しているのだろう?

東京、練馬の光が丘団地という高層住宅に25年ほど前に住んでいた。この25という数字を打ってみて時の流れにちょっとびっくりする。インターネットやデジタル放送やスマホなど、現在の生活を彩るガジェットはまだ存在してなかった。そんな頃、30階建ての高層…

ウィリアムズ症候群の女性がやってくる。

明日からうちの施設にウィリアムズ症候群の実習生がやってくる。 実はこの病気のことを全く知らなかった。ダウン症はよく知られていると思うけれど、欧米では「エルフのように思える」といわれている症候群が、実は日本にもそれなりに存在するらしい。 優し…

障がい者だって妊娠、出産、子育てしたい

申し訳ない。あまりブログを更新していなかった。 といっても、楽しみにしている人がいるとは思えない辺境ブログと思い、ちょっと扱いがぞんざいだったね (^^)。 毎日、なんだかんだ言って数十人がアクセスしてくれているし、その人たちがすべて内容に触れて…

待機児童がいるなら、待機障がい者もいるのだ

待機児童の問題があるように、待機障害者の問題もあるように感じる。 日中どこへも行けず家の中から一歩も出ない障害者、逆に地域をウロウロしている障害者など、受け入れ体制が整備されていない待機障害者が増えているような気がする。認知症を抱えたまま行…

射精してくれよ、たのむから!

自閉症、ダウン症、知的障害者たちのセックスの問題はどうなっているのか。 健常者だろうが障害者だろうが、10代の青春期には身体が性的に発達してくるわけで、男女を問わずその興奮から起因する行動や言葉が増えてくるのは当然だ。この時期を、障害を持った…

50代半ばの中2病は完治しない

学生時代は、クラスやらクラブで。社会人になっては、部署や会議、パーティや納会などと呼ばれるところに出入りを繰り返していると、「人の集まる場所」はつくづく動物園の「さる山」に似ているなと思う。 若かりし頃は、数十人、数百人程度のサル山なら、自…

障害者のセックスは難しい。

妊娠しているかもしれない…。そういう考えがよぎった。職場で障害を持つ利用者さんの女性と話をしていてのことだ。 障害を持っているとはいえ、成人した男女であるわけだから、彼らの性行為にいたる交際を阻む権利は誰にもない。もちろん、それは21世紀の先…

死と、となりあわせ

若い頃は、自分が死ぬことについて鈍感なものだ。物心がついてから自殺願望を持ち続けたというなら別だけれど、たいていは死にたいと思うような状況は、一時的に心が弱まっているだけのことにすぎない。本当に自殺してしまう若者にしたところで、実はそう死…

人を解雇する仕事だけど、なにか?

もう時効だと思うので書いてみよう。 30年くらい勤務した前職において、大きな仕事のひとつに仲間の解雇という作業があった。たまたま自分が役員に昇格したため、経営者側の人間ということで、最後通牒を告げる役目が回ってきたのだ。ひとりひとり個室に呼び…

ソチはどう思う?

フィギュアスケートの羽生選手が金メダル。僕のように将棋の羽生さんから、勝手に「はぶ」選手と思い込んでいた人もいたのではないかと推察する…。まあ、ともかく、日本では、なぜか冬のオリンピックといえばフィギュアスケートといえるくらい人気が高い。一…

Macintoshは、もう30歳。

Macintoshが今月で30歳を迎えるそうだ。アップルでパーソナルコンピュータの未来図を描いていたスティーブ・ジョブズが、満を持してMacintoshを世に送り出したのが1984年。ジョージ・オーウェルの「1984」の年でもあるし、後付けと言われようが折り返しとな…

今日、利用者さんが、自殺した。

自分が働いている知的障害者の施設に通う利用者が、今朝、自殺した。彼が入居しているグループホームの裏手で首をつっているところを発見された。まだ30代だったけれど、身寄りのない奴だったので、自治体が中心になってひっそりと葬儀が行われるという。 そ…

居酒屋甲子園って、ワタミがブラック企業じゃない証明?

居酒屋甲子園って、知らなかった。「クローズアップ現代」で見て、少し驚いた。 長時間労働、低賃金で居酒屋で働く若者たちが、生きがいや、やりがいを叫ぶ全国大会というものがあるという。青年の主張さながら、どれだけ自分たちが熱い思いで日々働いている…

殿、ご乱心。細川護煕さんがでる都知事選挙ってAKB総選挙?

細川護煕氏が都知事選にでるという。なんだろう、この不思議な感じは? 猪瀬さんが徳州会から不明な5千万円を貰ったということで、都知事を辞任することになり、都知事選が行われることになった。その都知事に立候補する細川さんは、かつて佐川急便から不明…

昔の写真プリントをみんなどうしてる?

御多分にもれず、Win95が発売された頃から自宅にパソコンを導入した。なぜか、奥さまが使うことを考えてMacintoshを買った。その後、彼女の利用度は、パソコン通信からmixi、Twitter、facebookなどと進捗している。もちろん、ブラウザでのネットサーフィン(…

年収をとるか、心の安定をとるか

2014年あけましておめでとう。 広告業界から離れてまる2年が経とうとしている。 勤務している頃は、さまざまな企業の広告の制作を行っていた。顧客と打ち合わせを重ね、コンセプトを決め、制作物のデザイン、コピーの指示をしたり、撮影したり収録したりしな…

絶望的につらい50代の記憶力

ここ数年の記憶力の劣化に目も当てられない。50代も半ばに差し掛かると、こんなにも記憶力が低下するのかと、日々恐怖におののいている。 この前に観た映画やテレビ、聴いたCD、そして最近間違いなく読んだはずの本など、確かに自分自身が接しているはずなの…

ブログで、読者5人って(笑)

ごめん。どうでもいい話。 しばらくブログをやっていても、なかなか読者って増えないよね。はてなでブログをスタートさせて、時間が経つけれど、読者数5人という数字はどうなんだろうか? アクセス数がどうとか、炎上とか、何を書くと注目されるとか、コメ…

高畑勲がおかした罪と罰

『かぐや姫の物語』。噂によると50億円ほどの巨費を使って、興行的にはコケているということだ。まあ、高畑勲という作家が作りたくてしょうがなくて作った作品なので、宮崎駿の映画のように商業的に成功するかどうかは二の次なのだろう。スタジオ・ジブリと…

知的障害者のクオリティ・オブ・ライフ

知的障害者には、かなり重度な症状を示す人から、軽度でほとんど健常者と変わらない人まで存在している。医学的に見ると、知能指数そのものや発生した原因による分類がなされている。僕のいる施設でも、寝たきりまではいかないけれど、機能障害を合併症とし…

はてなブログに、はてな?と感じた

はてなブログの前は、mixiやココログで日々のことを書いていた。はてなに移籍してきたのは簡単で使いやすそうだったから。で、最近気づいてきたけれど、はてなには、はてな独特の匂いがあるのね。おじさん、よくわからなかった。 曰く、facebookのいいね!に…

ポールの公演で「深み」とか「魂」について考えた

ポール・マッカートニー、71歳でのロックショー。盛り上がってました。多くの人がポールを観に行くというより、昔の自分に会いに行くといった感じだったと思う。 自分がどの時点のポールに出会ったかで、彼の音楽への受け止め方もそれぞれ違うだろうし、50年…

ヤンキー文化が日本のロックを別なものにした

末期がんで闘病生活をおくっている佐久間正英さんが、ロングインタビューを受けている。 http://blogos.com/article/73893/ この中で、僕自身が昔から感じていることを語っている部分があった。それは、BOOWYやミスチル、GRAYなど以降、日本のロックが海外の…

死ぬということ

中年のウツではないけれど、最近は夜中に急に胸苦しい感じで目が覚めたり、楽しい時間のはずなのに悲しい気持ちに襲われて、動悸が速くなってしまうことが増えた。「ああ、年をとったなあ、もうすぐ死んでしまうのか」などと考え、茫洋とした気持ちになるこ…

50歳半ばでハローワークに通うこと

50代半ばでハローワークへ行った。保険の手続きと、仕事を探しに。僕の世代だとハローワークではなく、「職安」という呼び名がしっくりくるけど(笑)。30年くらい前に一度、転職した時に「職安」を利用したことがあって、記憶は定かではないけれど、確か保…

はてブ疲れ。苦しむ人がいるって!

一種の炎上商法なんだろうけど、「体調わる子の毒吐きブログ」は面白い。いくつものブログとアフェリエイトを駆使して、ネット社会で活躍している女性(?)のブログ。mixi疲れやfacebookのリア充疲れに言及しながら、はてなでも疲れている人がいることを語…

観た、泣いた、『まどか☆マギカ 叛逆の物語』

観てきました、まどか☆マギカの新編。感想の一番は「やっちゃったな~」というもの。TVシリーズを観た時、これだけの高度な内容と水準で毎週にわたって放送し続けられる日本という国は凄いなあ、と妙な感心したアニメだったのですが。 「新編」を劇場公開す…

男女の格差105位って、どういうこと?

世界経済フォーラムの記事で発表された「男女格差」は指標では、日本は105位という成績だそうだ。政治の格差は118位、経済の格差は104位、健康の格差は34位、教育の格差は91位。ちなみに世界で男女の格差がない国ベスト3は、アイスランド、フィンランド、ノ…

50歳前半で退職し、再就職か遊んで暮らすか

父は50歳代でがんが見つかり、大きな手術をして病気を克服した後、54歳くらいでサラリーマンを辞めた。早期退職だった。その後、十数年は自分の好きなことをやりながら余生を送った後に、また別ながんが見つかり亡くなってしまった。義理の父も若くしてがん…

ユニクロやワタミも『恋するフォーチュンクッキー』を

秋元康のこと、特に興味ありません。でも、ここずっと流行っているAKB48『恋するフォーチュンクッキー』を、企業や自治体で「踊ってみた!」という仕掛けは、コミュニケーションやコラボとはどういうことかを熟知しているなあとつくづく感心します。 企業で…

80年代に買ったCDはドブ行き?

CDは「半永久的」に「最高レベルの音質」を楽しめる、と聞かされた皆さん。そこのあなた、そして私です。 現在の若者、ダウンロード派にはよくわからないお話だと思うけれど、1980年代から生産されたCDを、売り文句にほだされ時流に乗って買い集めた世代がい…

思いおこせば、あいつは障害者だった

僕が子供だった頃、昭和30年~40年代は、知的、精神障害者を収容する施設は普及していなかった。自治体も少しづつその問題に気づき始めているという状態だった。現在あるような養護学校も、通所・入居施設も整備されてはいない。 そんな時代もあって、自分の…

あなたの家の隣に、障害者施設ができる日

福祉施設の開設は、地域で大きな問題になりがちです。老人の施設は、親や自分たちがいずれお世話になる事を見越してか、あるいは単純にイメージが湧きやすいせいか、特段の反対運動は起きません。しかし、精神や知的障害者の施設を建てるとなると、住民運動…

こんなブログを書きたい! けど、凄すぎて無理

こんなブログを書いてみたい! でも、才能とキャラクターが備わっていないので、自分には無理だなあ。一応、本人なりの話を書き綴ってはいるけど、なんだかこねくり回した話ばかりになりがち。そんな僕にも理想としているブログはある。というか、文章がある…

知的障害者がうつ病を治療する、かもしれない

うつ病の特集をNHKがやっていた。憂鬱な話を標榜している日記としては、少し書いおきたいことがある。うつ病は脳の扁桃体が引き起こす。我々の進化の過程で訪れた「天敵、孤独、記憶、言語」などの要因が扁桃体を刺激し、ストレスを溜め込むようになってから…

パソコン壊れすぎだろ、若いくせに

仕事では1990年くらいから触っていたけど、我が家にも1995年からパソコンが登場しました。最初はMacです。時期は一緒だけど、Win95ブームと関係ありません。奥さんのために触りやすいMacを購入しました。案の定、彼女は当時のニフティを中心としたパソコン通…